心療内科・神経科・内科の坪井メンタルクリニック【大阪・心斎橋・南船場】

心療内科・神経科・内科の坪井メンタルクリニック

坪井メンタルクリニックの説明と助言、治療
~パニック障害とストレス~

旧大阪新聞の「心の健康相談」として連載されたコラムを要約しました。ストレス疾患で悩める方々が、参考にしていただければと思っています。

突然息苦しくなって動悸がする

不安発作とは、ある日突然息苦しくなって動悸 めまい 手足のしびれなどの症状が、発作的に出現します。「落ち着かずじっとしていられない、胸が圧迫され死ぬかもしれない」このような恐怖感が、出現します。発作は10分から20分で消失します。しかしその恐怖感は、なかなか取れません。また「いつ発作が起こるのか」「自分はおかしくなるのではないか」といった恐怖心が心の中に残ります。

不安発作について

不安発作は、過換気症候群やパニック障害とも呼ばれます。症状が軽ければ、動悸や、息苦しさ、めまいが、短時間続くだけで、安静にすれば症状は楽になります。しかし症状が強いと、胸の痛み、手足のしびれ、冷や汗が出て、目の前がぐるぐる回転するようなめまい、このような症状が出現し“死の恐怖感”が生じます。このため救急車を呼んで、病院に運ばれることも珍しくありません。けれども、病院で検査を受けても、「ストレスが原因です。心療内科に受診してください。」など説明を受けることがほとんどです。発作が消失しても、漠然とした体の違和感が残ります。例えば、“ひとりでいると、不安になる ”“外出すると息苦しくなる”“人混みに入るとめまいがする”などの症状が残り、とても弱気になりますます。また浮動性不安と言って、原因もないのに“何となく落ち着かない”、“何かにつけ心配になる”、など焦燥感を感じます。

不安発作の原因について

原因について説明すると、私たちの体を、自動的に調節している自律神経系が、ストレスや環境の変化によって、機能不全になり症状が起こります。その自律神経について少し説明します。私たちの身体は、例えば、血圧 脈拍 体温 呼吸 平衡感覚 発汗機能などは手足の動きと違って、環境の変化に影響されず、一定の機能が維持されるように、自動的に調整されています。例えば、暑い時は汗をかいて体温が上がるのを防ぐ、運動中は脈拍を上げ、体の隅々に血液を循環させる。このような機能です。自律神経は活発に体の中を動かす交感神経と、反対に、体を休める副交感神経にわかれます。つまり自律神経系はこの2つの神経系の2重支配を受けています。一方が優位になっているときは、他方は機能が弱まっています。バランス良く調節されることで、心身の安定が保たれます。。けれども、過労 、人間関係の 葛藤 、対立、 別れ、などのストレスが続くと交感神経が優位になり、緊張状態が続きます。その上、転勤 転職 結婚 引っ越など環境の変化があるとさらに緊張状態が高まって、交換神経が過剰に興奮し、不安発作が出現します。

ストレスと不安症状

私たちは、生活の中でストレスを絶つ事はできません。その上に、大きなストレス、例えば家族の病気、 親しい人との別れ、 会社の倒産等が加わると、打ちひしがれて、乗り切れず、余裕がなくなります。このような時に、不安症状が生じ、心の中は「この先大丈夫か?」と切迫した感じになります。まるで袋小路に入ったような閉塞感が生じます。

不安発作が続くと

不安発作が続くと、会社に行くのも辛くなり、仕事に行っても「また発作が起こる」と思うと、ピリピリして集中できない。けれど、1人で家にいると心細くなる。不安症状が続くと、このように生活に支障がきたし、うつ状態を呈することもあります。うつ状態になると、孤独を感じ、イライラして、夜眠れなかったり、食欲もなくなり、自信を失い、集中力 気力が低下するようになります。この場合は、抗うつ剤などを服用しつつ、ストレスを避け、しばらく休養する必要があります。

ストレスの原因 背景 受け止め方は人によって様々

不安発作の症状は同じでも、その人の抱えているストレスや背景、そして感じ方は当然のことですが違ってきます。それについて、具体的に4つのケースを挙げます。

(aさんのケース)

定年退職し、余生を楽しもうと思っていた矢先に、妻が交通事故で亡くなった。心の中に大きな穴が空いたような、虚しさ 悲しさを感じるようになった。夜も眠れず、昼夜も逆転し、外出する気にもなれなかった。心配して子供が訪ねてきても、気が紛れず、悶々とした日々が続いた。そうしてるうちに、急に心臓がドキドキし、息苦しくなり狭心症と思い、病院で検査を受けた。しかし特に異常はなく、不安発作と言われた

(bさんのケース)

大学で知り合った彼氏と結婚した。当初は、結婚生活を楽しめたが徐々に姑や、親戚関係の人から干渉され、まるで監視されてるような息苦しさを感じるようになった。現実の結婚生活は、自分のイメージしていた幸せな結婚生活とはほど遠かった。気分を変えようとアルバイトにも行った。しかし家事との両立がうまくいかず、疲労だけが残り、もやもやとした気分が続いた。そんな折り電車の中で、急にめまいがして倒れそうになり息苦しくなった。駅員さんに、病院に連れられて診察を受けたら、過換気症候群と診断された。

(cさんのケース)

同棲を始めたが、お互いの甘えのためか、喧嘩が耐えなかった。結局のところ、仲違いし別れた。いきなり1人になった寂しさが心の中を覆い、「なぜ」 「どうして 」「これからどうなるのか」 など自問自答を繰り返していくうちに、友人から電話を受け取った瞬間、急に動悸がして、気が遠くなり意識を失いそうになった。友人が手配してくれて、救急車に運ばれ病院で検査を受けた。パニック障害と言われた。その後も同じような発作が起こり「心細くてひとりでいられない」「じっとしてられない」そんな不安が続く。

(dさんのケース)

仕事に生きがいを感じ、家庭も仕事も順調に進んだ。仕事が忙しく、休日も出勤した。けれども、そんな事は苦にせず、リーダーシップを発揮し、充実感を感じていた。「ストレスなんか全く無縁である」と思って、人生を突っ走ってきたところ、会議の前日、自宅で急に動悸がして息苦しくなった。病院に行くと、「ストレスからくる症状です」と言われ、とてもショックであった。しかし発作が頻発し予期不安も生じ、本来の自信も失われた。

このように症状は同じでも、その背景や原因はとても個人差があります。それが不安発作の特徴 です。
〈注意〉プライバシーを配慮し、特定の人の病状について説明してはいません。すべて一般化した内容のものばかりです。

不安発作のための心のケア

薬物療法 、精神療法(心理療法) 、ストレスケア、この3つが治療の中心です。できるだけわかりやすく説明します。

《薬物療法について》

不安発作は、自律神経の乱れから生じます。ですから、自律神経の機能を安定化させるため、心の緊張感を和らげる、抗不安剤を服用してもらいます。抗不安剤といってもその種類は多く、症状に応じて薬を選択します。発作時は即効性のある薬を服用してもらいます。30分から1時間ほどで息苦しさや、喉のつかえ、動悸も、収まります。次に、予期不安や浮動性不安に対しては、 1日1回投与で済む長時間作動タイプの抗不安剤が、使われるのが一般的です。服用すると、たとえ発作が起こったとしても、症状が軽くなります。抗不安剤の副作用としては、眠気を少し感じることがありますが、服用していくうちに眠気もなくなります。また依存性について説明すると、常用量ではでは全く心配ありません。症状が改善していけば、薬の飲む回数を減らし、薬理作用の低い薬に変更していきます。患者さんの中には、薬の副作用を心配し、服用をためらう場合もありますが、不安症状には、抗不安剤はとても有効です。我慢し続けると、発作が頻発し、恐怖感が高まり、鬱々とした気持ちになります。安心して服用してください。

《精神療法(心理療法)とストレスケアについて》

心の不調を改善するために、心理療法が必要になります。心理療法といっても、特殊な方法ではなく、治療者と患者さんが、向かい合い会話をしつつ、心の緊張感を弱める治療法です。まず、症状について説明し、安心してもらうことからスタートします。次に、悩んでること、心配なことを、できるだけ自由に語ってもらい、私たちはそれを傾聴します。話をしていくうちに、緊張感が弱まり、心に余裕が出てきます。そのために治療者は、患者さんが話しやすいように、日常会話のような雰囲気を作り出します。またプライバシを重んじますが、聞かれたくないことも質問しなければいけない時もあります。こうしたプロセスの中で、疲れた心をサポートし、精神的に余裕を持っていただくのが、心理療法の目的です。

日常生活のアドバイス

日常生活に関して患者さんが、注意すべき点を列挙します。それには、何よりも本人の努力と工夫が必要です。

  • 生活にリズムをつける。決まった時間に床につき充分に睡眠をとり、決まった時間に起床する。
  • 運動不足にならないように、少しずつ体を動かして、1日少なくとも30分ないしは1時間は自分の足で歩く。
  • 心配なことが、心に浮かぶ時は「今は悩む時ではない。ゆっくりくつろぐ時間である」と自分に言い聞かす。
  • 気持ちに余裕ができたら、郊外に出かける。 自然の恵みである温泉につかり、周りを散策したり、森林浴を満喫し、自然と一体化する。

発作症状に対してのアドバイス

発作が起こった時は、あわててはいけません。まず安静にしましょう。静かな場所で横になったり、楽な姿勢で椅子に座ってください。次に軽く目を閉じ、お腹の上に手をあてて、そこにに注意を向け、大きく息を吸いこみ、ゆっくり静かに息を吐く。このような腹式呼吸を、5・6回続けてください。呼吸に注意を向けていくと、徐々に不安感が少なくなってきます。もし症状が治まらない時は、抗不安剤を服用してください。しばらくすると、症状が軽くなります。また、家族や恋人は、軽く手を握ってあげたり、背中をさすってあげたりしてスキンシップをとって下さい。そうすると、患者さんは、落ち着いてきます。

不安に対してのアドバイス

不安が続くと、どうしても弱気になります。家族や友人から「弱気にならず、気分を切り替えて、楽しいことをしたら!」と勧められたり、励まされたりしますが、そんな気にはなれません。 あせらず、気を揉まず、できるだけのんびりするように心がけてください。それが1番です。

ストレスコントロールについてのアドバイス

  • ストレスについて、その原因 、問題点、 解決策を、正しく客観的に理解する。しかし自分なりに答えを出そうと、焦ってはいけません。信頼できる人に相談しましょう。
  • 何が良かったのか?何が悪かったのか?早急に結論を出そうとしてはいけません。それと同時に自分の長所、 持ち味 、努力 、誠実さに、目を向け心を癒すことが必要です。
  • 嫌なことを、いつまでも悩まない、必要以上に、自分自身を厳しく評価しない、けれども、自分の欠点を素直に受け止め、気持ちに余裕ができた時は、自分自身を改める。
  • 対人関係では、相手にどう思われているか?気にしすぎたり、心配してはいけません。それよりも、自分が相手にどのような印象を与えているか?少し振り返ってください。だからといって、人から好かれようと、無理に自分を変えようとしてはいけません。
  • 人間関係について考えると、特に長い付き合いになる人、親密になりたい人には、あまり気を使わず、自然体で接する。つまり、本当の自分を知ってもらう。
  • 飾らない、あるがままの自分を大切にしましょう。
  • 余計な競争は避けてください。つまり物事を優劣で考えたり、勝ち負けで判断してはいけません。それよりも、自分と、他人の個性を認め尊重しましょう。

最後にまとめとして

不安発作は、比較的治りやすいストレス疾患です。抗不安剤を服用すれば、発作は消失します。また、心理療法やカウンセリングを受けると不安感や緊張感もかなり弱まります。けれども、・努力しても解決できないストレスがある・単身生活で家族から遠ざかり孤独である ・環境が次から次に変化し落ち着けない。このような場合は、不安感が持続し、心の中はとても重ぐるしくなります。そんな時は、思い切って、しばらく休養すべきです。最後に一言付け加えると、ストレス疾患すべてについて言えるのですが、家族を含めた周りの人が、患者さんの気持ちを察し、正しく症状を理解し、心を通わせることがとても大切です。

Copyright (C) 坪井メンタルクリニック. All Rights Reserved.